葉山ホスピス&ペイン・カウンセリング

在宅ホスピスケアでの心理面のサポート、ご家族や大切な方のケア体制づくりのコンサルテーション、ケアラーの心のサポート、大切な方の喪失の痛みのグリーフケアを専門としたカウンセリング&コンサルテーション機関です。心理カウンセリングとソーシャルワークの専門家が、どんなささいなご相談にも寄り添います。まずは、お問合せください。
 046-878-8068
お問い合わせ

ご相談事例

・自分が病気となり、これからどうしたらよいか考えたい。

・病気の告知、予後告知を受け、ショックを受けている。

・ご家族が病気になり、家族としてこれからどうしたよいのか考えたい。

・死について、人生を振り返るとともに豊かに迎えられるよう考えてみたい。

・ご家族や大切な方の看取りについて考えたい。

・病気の当事者さま(患者さま)の治療方針やケア方針について、当事者さまと家族との間で意見が割れている。

・家族として、病気の当事者さま(患者さま)に何がしてあげられるのか、どうしたらよいのか、考えたい。

・家族のメンバーが病気になってから、家族の関係がぎくしゃくしている。

・病気の家族のケアに疲れてしまった。

・病気の家族のケアをひとりで抱えていて、これから先どうしたらよいかわからないでいる。

・これ以上、家族のケアをしていくことへの限界を感じている。

・病気のことについて、不安がある。

・病気のことを、受け入れられないでいる。

・死について、不安がある。

・ご家族や大切な方を喪失し、やり場のない悲しみを抱えている、癒せないままでいる。

     など・・・

 

433202c6a2e921a013aa9b219fbe1c15_s.jpg

 

2019.08.21 Wednesday