葉山ホスピス&ペイン・カウンセリング

在宅ホスピスケアでの心理面のサポート、ご家族や大切な方のケア体制づくりのコンサルテーション、ケアラーの心のサポート、大切な方の喪失の痛みのグリーフケアを専門としたカウンセリング&コンサルテーション機関です。心理カウンセリングとソーシャルワークの専門家が、どんなささいなご相談にも寄り添います。まずは、お問合せください。

カウンセラー紹介

翁川花伊子(おいかわ けいこ)
葉山ホスピス&ペイン・カウンセリング 代表

2005年 精神対話士養成講座修了(心理カウンセリング技術取得)

2006年 NPO等で当事者支援の活動をし、行政のセンター立ち上げのための事務局・研究員補佐を務める(ソーシャルワーク技術取得)

2007年 日本学術振興会特別研究員DC・PD(コンフリクト・対立解消の研究)

2008年 名古屋大学大学院社会環境学専攻科社会学講座博士後期課程満了(専門家間でのコンサルテーション技術取得)

2010年 専門社会調査士取得(ライフストーリー・社会調査技術取得)

2011年 博士号取得(社会学)

2014年 小平整体塾にて野口整体の技術を習得

2015年 Institute of Professional Psychotherapyにて心理関係療法・コーチング・ファシリテーション等の技術を習得

2016年 ケアラー女性の支援相談室を開設

2018年 心理臨床家・関係コンサルタント・野口整体指導者として開業

2019年 葉山ホスピス&ペイン・カウンセリング 開設

十数年前に実父が癌になり、自宅での緩和ケアによって看取る。当時はまだ、自宅での看取りは数少なかったが、看護現象学の観点から大学病院・地域包括センター・在宅医療医等との連携を構築し、また、家族・親族への自宅での緩和ケア教育を実施したことにより、関係者全員が穏やかな最期を迎えることになる。大切な人の病気や死はとても大きな悲しみ痛みをともなうが、当事者とかかわる人間の双方にとって最適なケア体制を創ることの大切さを実感する。現象学的相互行為論を専門とし、日本福祉大学・藤田保健衛生大学などで教鞭をとったのち、心理カウンセリングと整体ケアの臨床家として相談室を開業。言葉にならない本音に寄り添ったカウンセリングと、家族や関係性における葛藤解決のカウンセリング・コンサルテーションを得意とする。

 

(共著)『いのちとライフコースの社会学』弘文堂

(共著)『社会福祉士 速習レッスン』ユーキャン

他、著書・論文・学会報告等多数。



2019.12.10 Tuesday